米百俵の群像

小林虎三郎とは

小林虎三郎は、長岡藩士・小林又兵衛の三男として生まれる。
江戸遊学の後、長岡藩に戻り教育に心血を注ぐ。
新政府軍との戦いであった戊辰戦争(北越戦争)に敗北し、壊滅的な打撃を受けた長岡藩の中でも、教育の重要性を説いていた。 中でも有名なのは、”米百俵精神”である。

米百俵精神とは

新政府軍との戦いであった戊辰戦争(北越戦争)に敗北し、食べるのにも困っていたが、三根山藩から送られた米百俵を手を付けずに、そのまま売却し、売却代金で学校の開設費用や書籍、器具の購入に投入した。

小林虎三郎の精神

国が興るのも、街が栄えるのも、ことごとく人にある。食えないからこそ、学校を建て、人物を養成するのだ。

最新ニュース

サイトMENU

Copyright (C) 2007 小林虎三郎の精神を学ぶ All Rights Reserved.
健康法